【IFA求人】大手転職サイトの掲載数を調べてみた (2022年10月調査)

マネカレでは、IFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)関連の求人数について調査しています。
2022年7月から実施したこの調査も4回目。

毎月少しずつ増加しているIFA関連の求人数ですが、10月はどのような変化がみられたのでしょうか?

2022年10月のIFA求人数は「1,192件」(前月比90.1%増)

大手転職サイト(5媒体)に掲載されている、2022年10月時点でのIFAに関連した求人数は合計1,192件。
前月である2022年9月と比較すると、90.1%増加したかたちとなります。

大手転職サイト(5媒体)ごとの「IFA」求人掲載数 (2022年10月時点)

対象にしている転職サイトの内訳はこちら。

求人媒体名 掲載数
10月 9月 8月 7月
Indeed 934 331 277 269
doda 191 203 178 190
リクナビNEXT 59 83 85 94
マイナビ転職 7 9 10 9
エン転職 1 1 0 0
合計 1,192 627 550 562

注目ポイント

Indeedの求人掲載数が急増

注目すべきポイントは、Indeedの求人掲載数が大きく増えていること。
(331件から934件に増加)

「求人検索エンジン」としてのIndeed

Indeedは、さまざまな転職サイトの求人を載せる検索エンジンとしての役割も果たしています。
もしかしたら10月は、さまざまな経路からIFA求人がたくさん作成されていたのかもしれません。

ほかの転職サイトは減少または横ばい

Indeed以外の転職サイトの求人数は、減少や横ばいの状態でした。

IFAに関連した求人情報

IFAに関連した求人では、資産運用のアドバイザー業務がメイン。

真新しい求人内容に目を向けると、

  • IFA向け証券管理ツールの作成
  • IFAの業務効率化をサポートするサービスの開発

などの職種もみられました。

これからIFAへの重要が高まるにしたがって、関連した求人も増えるのかもしれません。

IFAビジネスはPWM日本証券ではじめよう!

IFAをめざしたい方でも、

avatar

異業種からIFAに転職したい!でも大丈夫?

avatar

顧客の獲得がむずかしそう……。

などといった不安やお悩みがあるはず。

そんなときは、PWM日本証券にお気軽にご相談ください。

PWM日本証券は、IFAビジネスのサポートに特化した証券会社。
これからIFAをめざす方や、企業のご担当者さまをサポートいたします。

選任の担当者がそれぞれサポートするため

avatar

●●がわからない!

といった質問にお応えできる環境です。

IFAビジネスに関するご相談は、無料でお受けいたします。

avatar

これからIFAビジネスをはじめたい!

avatar

IFAビジネスを強化したい!

といった方やご担当者さまは、お気軽にお問い合わせください。


【リンク】IFAビジネスのご相談はこちら

出典

Indeed (2022年10月時点)
doda (2022年10月時点)
リクナビNEXT (2022年10月時点)
マイナビ転職 (2022年10月時点)
エン転職 (2022年10月時点)

資産運用のご相談はこちら
 

この記事の監修者

 マネカレ編集部

マネカレ編集部による編集記事です。
マネカレは、2021年9月に開設された資産運用情報メディア。
今後も資産運用やIFAなどに関するさまざまな記事を配信してまいります。

関連記事