新NISAとiDeCoを併用するためのポイント

2022年に改正されたiDeCoと、2024年にスタートする新NISA。
長期的な資産運用を続けるにあたっては、とても役立つ制度です。

avatar

どちらを優先すべきなのかわからない!

avatar

そもそも新NISAとiDeCoって併用しても大丈夫なの?

とお悩みの方もいるかもしれません。

こちらの記事では新NISAとiDeCoを併用するためのポイントについて解説していきます。

新NISAとiDeCoは併用OK!

それぞれの加入条件さえ満たしていれば、新NISAとiDeCoを併用して運用することが可能です。

どちらを優先すればいいの?

avatar

新NISAとiDeCoのどちらを優先すればいいの?

とお悩みの方もいるのではないでしょうか?

答えは新NISAとiDeCoはどちらも優劣を付けることができません

それぞれの制度の特徴を理解しよう

ご年齢・ライフステージ・資産の有無などの状況は、人によって異なります。

そのために、

avatar

こちらの制度を優先すべき!

と断言することはできません。

それぞれの制度のメリット・デメリットをしっかりと理解しながら、活用していきましょう。

新NISAとiDeCoをかんたん比較

新NISAとiDeCoの特徴について、かんたんに比較してみました。

新NISA iDeCo
対象年齢 18歳以上 65歳未満まで
加入条件 日本国内に在住していること 国民年金の被保険者であること
年間の上限額
  • つみたて投資枠: 120万円
  • 成長投資枠: 240万円
144,000円~816,000円
(ご職業によって異なります)
運用できる金融商品
  • つみたて投資枠
  • 金融庁の基準を満たした投資信託

  • 成長投資枠
  • 株式・投資信託など
    (一部対象外の金融商品もあり)

  • 投資信託
  • 保険
  • 定期預金など
引き出しタイミング いつでも可能 60歳になるまでは原則できない
各種手数料 無料
  • 口座開設タイミング
  • 運用のタイミング
  • 引き出すタイミングなど
税制優遇 運用での利益が非課税
  • 掛け金が所得控除される
  • 運用での利益が非課税になる
  • 60歳以降に非課税で受け取れる

出典: iDeCo公式サイト|iDeCo(イデコ・個人型確定拠出年金)【公式】
出典: 新しいNISA : 金融庁

新NISAとiDeCoの活用ポイント

新NISAの場合

運用の選択肢は新NISAの方が広い

新NISAとiDeCoでは、運用できる金融商品がそれぞれ異なります。
運用できる選択肢は、新NISAのほうが幅広いということを覚えておきましょう。

新NISAとiDeCoで運用できる金融商品

新NISA
  • つみたて投資枠
  • 長期投資に向いていると判断された投資信託

  • 成長投資枠
  • 株式投資・投資信託

iDeCo
  • 元本確保型商品の定期預金・保険商品など
  • 元本変動型商品の投資信託

新NISAとiDeCoを併用する方へ

新NISAとiDeCoは、それぞれの加入条件を満たしていれば併用することが可能です。

おすすめの活用方法は、ご年齢・ご収入・ライフステージ・資産の有無などによって異なります。
それぞれの特徴を理解しながら併用していくことが重要です。

avatar

具体的にどう併用すればいいのかわからない!

avatar

もっと詳細に教えてほしい!

という方は、マネカレを運営しているPWM日本証券にご相談ください。

新NISAやiDeCoの知識を備えたアドバイザーがご対応いたします。
お電話・フォームのどちらでも受付中です。
どうぞお気軽にご相談ください。

承認番号: 231116-02

資産運用のご相談はこちら
 

この記事の監修者

 マネカレ編集部

マネカレ編集部による編集記事です。
マネカレは、2021年9月に開設された資産運用情報メディア。
今後も資産運用やIFAなどに関するさまざまな記事を配信してまいります。

関連記事