【IFA求人】大手転職サイトの掲載数を調べてみた (2022年7月調査)

IFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)は、どれぐらい求人数があるのでしょうか?
そこでマネカレは、大手転職サイト(5媒体)における2022年7月時点のIFAに関連した求人案件数をまとめてみました。

大手サイトの「IFA求人数」を調べてみた

今回調査対象にえらんだ転職サイトは以下のとおり。

大手転職サイト(5媒体)

  1. Indeed
  2. doda
  3. リクナビNEXT
  4. マイナビ転職
  5. エン転職

2022年7月のIFA求人数は「562件」

これらのサイトでのIFAに関する求人案件数は、2022年7月時点で562件でした。
あわせて、各サイト別の求人数も見てみましょう。

大手求人サイト(5媒体)における「IFA」関連求人掲載数 (2022年7月時点)

求人媒体名 求人掲載数
Indeed 269
doda 190
リクナビNEXT 94
マイナビ転職 9
エン転職 0
合計 562

とくにIndeedとdodaは、IFA関連の求人数が多いことがわかります。
もしかしたらIFA関連の求人掲載に力を入れているのかもしれません。

「IFA」関連求人の業務内容は?

おもな業務内容

  • 顧客を対象とした金融商品の提案・アドバイス業務
  • IFAに対する営業考査業務
  • 証券業務の内部管理

そのほかにも、金融機関やIFA法人を対象とした、資産運用ビジネスのサポート業務も見られました。

IFAビジネスをはじめたい方はPWM日本証券にご相談ください

マネカレを運営するPWM日本証券は、IFA支援に特化した証券会社です。
PWM日本証券では、多くのIFAパートナーが活躍しております。
金融系以外の異業種出身のパートナー・企業さまも多数登録中です。

20年以上の業界実績を強みに、IFAをめざす方や企業さまを全面サポートいたします。

  • 個別担当者制
  • 独自ツールの提供 (提案書作成ツールなど)
  • ノルマなどを設定しない独自性の尊重

なども魅力的。

そんなPWM日本証券では、IFAパートナーを募集中です。
IFAビジネスについてのお問い合わせは、無料で受け付けております。

これからIFAとして活躍したい!

そんな方は、ぜひお気軽にご相談ください。

【リンク】IFAビジネスのご相談はこちら

出典

Indeed (2022年7月時点)
doda (2022年7月時点)
リクナビNEXT (2022年7月時点)
マイナビ転職(2022年7月時点)
エン転職(2022年7月時点)

関連記事