資産運用ができる3種類の生命保険

もしものときに備えるために加入する生命保険。
生命保険には、資産運用としても活用できる側面もあります。

ただ、

avatar

どんな商品を買えば資産運用ができるのかわからない!

という方もいるかもしれません。
今回は、資産運用ができる生命保険をまとめました。

どの生命保険が資産運用できるの?

生命保険には、

  1. 掛け捨てのもの(返戻金がまったくないもの)
  2. 満期や解約などのタイミングで返戻金を受け取れるもの

の2種類に大きく分けられます。

avatar

生命保険で資産運用をしたい!

という方は満期や解約などのタイミングで、返戻金を受け取れるものを選びましょう。

保険で資産運用ができるしくみについては、こちらの記事でも解説しています。
メリットやデメリットなどもまとめていますので、ぜひご覧ください。

資産運用にも活用できる3種類の生命保険

資産運用に活用できる生命保険をピックアップしました。
3種類に大きく分けられるので、それぞれの特徴をチェックしてみましょう。

1. 貯蓄型保険

支払った保険料を、プロに運用してもらう貯蓄型保険。
貯蓄型保険のなかから、資産運用ができる商品をまとめました。

終身保険

一生涯にわたって、死亡・高度障害になった場合の保障を受けられるのが終身保険。
加入する期間が長くなるほど、解約返戻金が多くなりやすいといったポイントがあります。

養老保険

加入期間が、

  • ●●年まで
  • ●●歳まで

などのように決められているのが養老保険。

加入期間が終了(満了)になったタイミングで加入者が生きている場合は、保険金が支払われるしくみです。

学資保険

子どもの教育資金を準備するための学資保険。
子どもの成長や進学タイミングにあわせて、祝金や満期保険金などを受けとることができます。
学資保険のなかには、毎月の保険料を一括で支払うことで割引される商品もあるので、ぜひ調べてみてください。

学資保険についての解説は、こちらの記事でも詳しく紹介しています。

2. 外貨建て生命保険

日本円ではなく、ドルやユーロなどの外貨で保険料を支払うのが外貨建て生命保険。
為替レートの変動によって、毎月支払う保険料が変わるのがポイントです。

つまり、

avatar

受け取れる保険金も、為替レートの影響で大きく変わる!

ということ。

しっかりと調べてから加入しよう

外貨や保険会社の運用方法によっては、利益や損失が大きく変わる保険なので、しっかりと調べてから加入しましょう。

3. 変額保険

自分で運用する保険が変額保険
運用した実績によって、もらえる保険金や解約返戻金が変わります。

どうやって運用するの?

株式や債券などの金融商品をメインに運用することができます。

avatar

どうやって運用すればいいのかわからない!

という方は、マネカレを運営しているPWM日本証券にご相談ください。

生命保険の資産運用のご相談はPWM日本証券ヘ

資産運用ができる生命保険を、それぞれ解説しました。
マネカレの運営会社であるPWM日本証券の生命保険アドバイザーにご相談ください。

今回ピックアップした生命保険はもちろん、

avatar

保険について、基本的なことを知りたい!

avatar

生命保険よりも、もっとリターンが大きい商品を教えて欲しい!

などのご相談もていねいに対応いたします。

お電話でもお問合せフォームでも受付中です。
お気軽にご相談ください。

資産運用のご相談はこちら
 

この記事の監修者

 マネカレ編集部

マネカレ編集部による編集記事です。
マネカレは、2021年9月に開設された資産運用情報メディア。
今後も資産運用やIFAなどに関するさまざまな記事を配信してまいります。

関連記事